【痛風の予防について】

病気にかかってから治療するよりも、病気にかかる前に予防する方が生活への支障や治療費などの負担は軽く済むものです。
しかし実際には、予防対策を途中で諦めてしまうことのほうが多いといえます。
ここでは、日常生活の範囲で出来る痛風の予防法について紹介しまう。

痛風を予防する為のポイント

痛風の予防は、痛風患者だけでなく未発症者にとっても重要なことであるといえます。食生活の向上によって、痛風はかつてのような贅沢病ではなく身近な生活習慣病として根付きつつあるからです。どのような点に注意することが痛風の予防に繋がるのでしょうか?

尿酸とプリン体のコントロール

痛風の予防において、最も重要なことは「尿酸とプリン体のコントロール」であるといえます。血液中の尿酸濃度を基準値である7.0mg/dl以下に押さえ、尿酸の増加を防ぐ為に食べ物からのプリン体の摂取を控えることで、理論上では痛風の発病リスクを低減することができます。

痛風予防の問題点

痛風を予防する為の対策を取る場合に気をつけなければならないこともあります。それは「栄養バランス」です。例えばダイエットでは、特定の食材一種類だけを食べるというような食習慣そのものを変化させる方法が簡単で効果的として流行する風潮があります。つまり、目的のために栄養バランスを放棄してしまうようなやり方を安易に行ってしまう恐れが、ダイエットと同じように痛風予防の場合でもありうるということが言えます。予防を行う際は専門家と相談した上で行うようにするのが無難といえます。

痛風予防のポイント

痛風の予防を行う場合、どのようなポイントに注意して生活内容を改善していけばよいのでしょうか。要点について紹介していきます。

暴飲暴食を控える

痛風の予防において重要なのは、暴飲暴食をしないということです。自分の胃腸の許容量を大幅に越える飲食を行うことは健康に良くないことであると同時に、プリン体を必要以上に摂取してしまう可能性が非常に高いのです。旅行や会合など暴飲暴食に繋がる催しに参加する場合は、自分の飲み食いする分量を前もって決めておく必要があります。

ストレスを溜めない

ストレスの蓄積は、痛風の発病リスクを高める原因になります。ストレスを溜めやすい責任感のある人ほど痛風患者になりやすいという統計もあるので、出来るだけストレスを発散する方法を身に付けておくことが大事です。

水分補給を行う

痛風の原因である尿酸は、排尿以外の方法では排出できません。そのため、水分補給をこまめに行うことが痛風予防に効果を発揮します。人間の身体は一日に2リットルから3リットルの水分を必要としているので、出来るだけ水分補給を欠かさないことが大事です。また、コーヒーやお茶などの利尿作用のある飲み物を飲んで排尿を促進することも痛風予防に効果があります。

適度な運動

運動のしすぎは痛風の発病リスクを高めてしまいますが、程ほどの運動は痛風の予防に効果があります。肥満を防ぐことを目的として運動を行うことは、痛風の発病リスクを低下させることにも繋がります。自分の出来る範囲で、無理をせずに毎日運動を行うようにしましょう。

上へ戻る