痛風で悩んだら見るサイト 症状・治療方法・食べ物
痛風患者の為の健康レシピ

【痛風】

「風が吹いただけでも痛い」と言われる痛風は、贅沢病とも呼ばれ上流階級特有の病気であると考えられていました。
しかし、現代では食生活の向上と偏食の進行によって痛風は格差の無い病気として多くの人を苦しめているのです。
このサイトでは、痛風に関する様々な情報を紹介していきます。

痛風の症状・治療方法・食べ物

生活習慣病のひとつである痛風は、主に食生活の乱れを原因として発症する病気です。何をしても痛みを感じるようになり、やがては風が吹いただけでも激痛を感じるようになるため、生活の全ての場面で支障をきたすようになってしまう、非常に悩ましい病気と言えます。

痛風の変遷

痛風が贅沢病とされてきたのは、動物性タンパク質を毎日でも摂取できる境遇にある人々が発症例の中心を占めていたことに理由があります。
しかし、現代においては多くの人が、毎日のように肉や魚などの動物性タンパク質を摂取することが出来る状態にあるといえます。
そのため、痛風は一部の人だけがなる病気ではなくなりすべての人が発症する可能性を持った病気となったのです。

痛風の悩み

痛風の大きな悩みは、「身体を動かすと痛みを感じる」ことと「生活を改善しないと好転しない」ということであるといえます。
頻繁に起こる痛みは、治療のために病院にいくことが億劫になってしまうこともしばしばあります。
生活の改善は、食事だけであればともかく生活習慣も改善対象となるため、発症者の負担が大きくなってしまうのです。
このような症状の改善の為に払う努力が大きいことこそが痛風の悩みの特徴なのです。

上へ戻る